2013年10月16日

日本のメーカーに必要なのは”コンセプトメイキング”

最近、仕事を通して感じたこと。
よく日本と外国では品質が違うとか言いますよね。
日本のモノは作りこまれていて、
非常に品質が高いです。
日本基準と外国基準でどれほど違うか?
開発の仕事で競合他社比較をしたのですが、
本当にびっくりしました。
手に入れた競合品を開けると、
私たちがmm単位のずれをものすごく気にすることを
外国品は10mm、つまり1cmずれていたのです。
私たちの考え方からすると、
ありえないのですが、
これでも良いんですね。
よく申請を通ったなあと思うのですが・・・。
自分たちの開発スタンスから見ると粗悪品に見えるのですが、
市場に何故、その競合品が受け入れられるか?
理由は簡単!
一番手だからです。
二番手でこの出来はマズイです。
一番手は前例がないですし、
それが基準になるので、
一回申請が通り、世の中に普及すると
スタンダードとなり、強いです。
一回認められるのがハードルなのですが、
彼らはときに上手く乗り切ります。
アメリカを始め、諸外国は
ずばり”コンセプトメイキング”が強いんですね。
完成度50〜60%でも
本質だけを捉えて、行けるところまで突き進む。
運良くか?戦略的にか?
その中で生き残るものが出るとラッキー。
このようにトライする数が圧倒的に多いので
数打って当たるのですね。
日本の場合は完成度を求めるあまり、
ネタすらでなくことがあります。
恥じらいの文化のB面かもしれません。
反面、”おもてなし”に代表されるように
繊細な設計やモノ作りは他の追随をゆるしません。
この芸術的、職人的技術の一旦を担いながらも
外国の一番手粗悪品のようにコンセプトありきで
ドンドン進めることが出来れば鬼に金棒です。
よくサッカーで上手い選手は”マリーシア”、
つまり”ずる賢さ”を持っているといいますが、
精密なプレー精度に、”マリーシア”が加われば
トップ選手になります。
日本もそうなるべきです。
”コンセプトメイキング”をして、
”賢く”トップランナーとして走りたいですね。
今日もお読み頂きありがとうございます。

PS1 大統領が頼るカリスマコーチのメッセージ
http://123direct.info/tracking/af/824003/iQtc4qTV-feKHyWli/
PS2 お金のメンタルブロック解消WEBセミナー
→ http://123direct.info/tracking/af/943450/SvZp4UWD-JhlMHPte/
PS3 自由を手にする3つの秘宝
→ http://123direct.info/tracking/af/816541/VtZPjRiG/
PS4 最新のメルマガアフィリエイト手法
→ https://www.affiliate-mts.com/items/go/hbk5?afid=10627










posted by 大和ジュンセイ at 23:50| Comment(0) | イノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

企業を裏で動かす日本人医師

10月4日の日本経済新聞で




「テルモや三菱商事、米で医療機器ファンド 最大37億円」

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD030OM_T01C13A0TJ0000/




という記事がありました。




私は、以前からITだけでなく




他の業界でもシリコンバレー流の開発スタイルを取り入れる




潮流が来るのではないかと言ってきました。







正にその通りになってきましたね。







医療業界において日本企業は医薬品業界を始め




世界中でM&Aを仕掛けていますが、




どちらかというとある程度、完成されたベンチャーや企業の




買収や提携をしてきました。







これは、失敗のリスクを抑える慎重な面もありますが、




そうせざるを得ない別の理由もあります。







それは、本当に筋の良い技術はもっとアーリーステージの




段階で、海外の企業やファンドが投資をしてツバをつけられて




いるので手出しができないという理由です。







これを打開するために、




早期に目の出そうな技術を自分たちのものにするために、




アメリカのベンチャー投資ファンドに出資するという


動きになったのでしょう。







ハイリスクな選択かもしれませんが、




ハイリターンの可能性は随分広がります。




これは




先の読めるものだけに、投資をする今までの




日本企業のやり方が段々通用しなくなっている




ことの裏返しです。







さて、今回の記事の裏には




実は、型破りな日本人医師の存在があります。




何の脈絡のないところから、




日本企業が新しい取り組みを切り開くことは難しいです。







こういった新しい取り組みを推奨し、




中継ぎ役をするオピニオンリーダーの存在が




実は企業を動かしていたりするのです。







このオピニオンリーダーの方と




お話をする機会がときどきあります。




初めてお話を聞いた時に

業界トップシークレットの様々な情報を持ち、




技術の目利きの出来る方だと驚きました。




非常に刺激的です。






その時に思ったのは




結局、イノベーションを起こすのは人だということです。







人次第で

一人の人が、企業や国家を動かすことも




できるのです。




それがイノベーターです。




一人の人が持つ可能性は大きいです。







自分がその一人になると決意すれば、




叶わないことはないはずです。




それが私が伝えたいことです。







少しでも「自分の可能性に賭けたい」と思うあなたは




こちらをご覧下さい




http://youtu.be/03EKgxwHe1c


そしてイノベーターへの階段を登り始めてください。




お役に立てば嬉しいです。

PS1 お金のメンタルブロック解消WEBセミナー

→ http://123direct.info/tracking/af/943450/SvZp4UWD-JhlMHPte/

PS2 大統領もが頼る世界No.1カリスマコーチが来日!

http://123direct.info/tracking/af/824003/iQtc4qTV-feKHyWli/

PS3 コンサル型起業の設計図

→ http://123direct.info/tracking/af/943450/LdXbP1Ey/

PS4 人の心を思いのままに動かす力

→ http://123direct.info/tracking/af/943450/2YlrP0hv/

PS5 30日間であなたの資産を増やす

→ http://123direct.info/tracking/af/816541/sNBKU9o1/

PS6 ネット通販ノウハウ公開キャンペーン

→ https://www.affiliate-mts.com/items/go/drf5?afid=10627


ここまでお読みくださりありがとうございます
posted by 大和ジュンセイ at 20:50| Comment(0) | イノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

日本は米国に勝てない

”イノベーション”において日本は米国には勝てません。
イノベーションはハイリスクハイリターンの中でおこります。
理由は簡単です。

米国はイノベーションを推進できる力がある
日本は推進する力がまだまだ米国に及ばない
からです。

私は医療業界の人間ですが、
医療にしても、ITにしても
米国にはベンチャークラスターがありますよね。

例えば、シリコンバレー
そこには、
文化として、創造力を掻き立てる環境があります。

米国の場合は、
大学からスピンオフして
大学の教授がベンチャーを立ち上げることができます。
仕組みとして、
良いアイデアを実現するために
そのベンチャーは
ベンチャーキャピタルやエンジェルと呼ばれる個人投資家
から資金を集めることができます。

資金が集まらなかったら、
それは”解体”を意味します。

ですから、真剣勝負です。
出資をしてもらえれば、
技術を育てて最終的には、
企業に買収させる、
上場して投資家に株式で儲けさせることで
ベンチャーとして成功したことになります。

このクラスター内では、
起業したり、解散したり、
会社を変わったりすることは
日常茶飯事です。

失敗は次の成功率を上げるものとして
勲章とされることすらあります。
新しい挑戦はウェルカムです。

ですから、
思っていないようなアイデアが形となって現れ、
ビックリするようなベンチャーがたくさんあります。
医療の場合、革新的な製品の多くは米国で生まれます。


それに、引き換え日本は、
大学からスピンオフできる環境にありません。
アメリカのように民間や個人から出資を募ることもできませんから
教授がベンチャーを興すことも難しいです。

また、日本には優秀な人材はいますが、
企業が抱え込んでいます。
終身雇用がほぼ約束されているため、
米国ベンチャーのように、
失敗を良しとする環境はありません。
安全な道を選択するマインドになってしまいます。

つまり、斬新な光るアイデアだけどハイリスクな
製品を創出するパワーがありません。
人材流動もないために、結局、閉塞感が漂います。

悲しいかなこれが、
日米のイノベーションの現状です。


私は日本の悪口を言いたい訳ではありません。
客観的にビジネスの土壌が違うのです。

日本は終身雇用によって、
培われた良い面もあります。
品質面については、
企業が安定して発展することで
安心したモノ造りが出来ました。

でも、
これからも国際競争に勝ち抜ける産業を
生み出すには、
創造的価値を提供できることが求められます。

今や、終身雇用による安定よりも
ぬるま湯で刺激がなく活力がなくなるディメリット
の方が強くなってきているのかもしれません。

米国が強いのはニーズを把握し、
コンセプトを構想するのが、
非常に上手いです。
この点は、教育、仕組み、思考法など
あらゆる角度で学び取り入れるべきでしょう。

その上で、日本が世界でより秀でるには、
中小企業職人的技術や
大企業のプラットフォーム技術を使うことです。

日本は素晴しいシーズを持っています。
東大阪の下町の技術を集結すれば、
ロケットが作れる話は有名ですね。
痛くない世界一細い針が
中小企業と大企業の連携で生まれたりもしています。

したがって、
米国流の良さを本気で取り入れ、
日本のシーズを活かせば、
米国どころか世界一と誇れる
ベンチャー精神と技術立国になれるはずです。

道のりは険しいですが、
我こそはと、
立ち上がる人間が増えないといけません。

最終的には人が全てです。
情熱は人に宿ります。

”安住”を捨てて、”挑戦”を選ぶ

自分がそうなりたいか?
そうなるにはどうしたら良いか?

考えることをおススメします。

今日もお読み頂きありがとうございます。

PS1 主婦が初日から20万円を手に入れた裏ワザを暴露

→  http://123direct.info/tracking/af/816541/2TYwhsFJ/


PS2 年商1億円のビジネスのノウハウ

→ http://123direct.info/tracking/af/869294/5lsiqYoK-Cs3YiZQ4/


PS3 ネット通販ノウハウ公開キャンペーン

→ https://www.affiliate-mts.com/items/go/drf5?afid=10627


PS4 神と呼ばれた男キャンペーン

http://123direct.info/tracking/af/969069/i2DIO6tT/


PS5 成功する3つのストーリー 無料プレゼント

→ http://www.affiliatecenter.jp/horiemon/index.html

posted by 大和ジュンセイ at 00:55| Comment(0) | イノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。