2013年09月08日

2020年 東京オリンピック開催の決めて

2020東京オリンピックが開催が決まりましたね。



テレビの向こうでは大騒ぎです。



これから日本がもっとひとつになって



発展していく力になると良いですね。





2020年は皆さん何歳で何をしていますか?



想像していみるといいかもしれませんね。



私の場合、子供が中学生と小学生になっているので、



ちょうど見せるには良い時期です。



熱気、情熱、チームワークを一緒に体感したいですね。



生で観戦を絶対しようと思います。





このオリンピック誘致ですが、



最終プレゼンがとても重要と言われていました。





高円宮様は皇族とスポーツの関わりを。



安倍首相は原発への不安解消と日本がひとつになることを。



滝川クリステルさんは「おもてなし」の心を。



それぞれ素晴らしいプレゼンをしました。



情熱、パッションが感じられましたね。





マドリードとイスタンブールより一際



「人の心を動かす力」が優ったといえるかもしれません。




投票をするIOCの委員は人ですから



当然、これは重要ですね。



これに限らず、



何か企画を通す。



セールスをする。



お願い事をする。



全てに共通することですね。





で、今ちょうど


「人の心を動かす力」



というキャンペーンがやっています。



認知科学に基づいて「提案力」+「伝える力」


を磨くという興味深い内容です。





これを活かして効果的な「セールス」を行うことを



例として上げていますが、



今回のオリンピック誘致最終プレゼンのように



プレゼンの場や交渉相手を説得する場で使える



基礎力が身につくと思います。



興味ある方は期間限定なので是非。



私も登録してみました。



「人を動かす力」


http://123direct.info/tracking/af/943450/OkOXM1QX-QZMIpOBN/



お役に立てば幸いです。

posted by 大和ジュンセイ at 06:57| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

最期の後悔

最近、聞いたお話で
とても考えさせられたことがあります。

オーストラリアで長年緩和ケアに関わっている
ブロニー・ウェアさんという方がいらっしゃいます。
彼女は仕事柄、
多くの方の人生の最期を見届けています。

患者さんは死の間際には、
もっとも自分の人生を深く振り返るそうです。

そして
その中で多くの”後悔”をするそうです。

その中で、最も多い後悔は
「自分自身に忠実に生きれば良かった」
という言葉です。

私たちは、社会で生活しています。
他人と協調し、和を尊ぶことは必要です。
食べるために働かなければならないこともあります。

でも、一方で、
必要以上に自分を犠牲にしている、
我慢していることが
実に多いように思います。


ひょっとしたら私やあなたの抱える本日の
我慢、悩み、葛藤は、長い人生から見たら
とるに足りないことかもしれません。

あなたは人生の最期をどのように迎えたいですか?

想像したくはないかもしれませんが、
少し目をつむって想像してみてください。

あなたは誰に囲まれて

周りの人は笑顔ですか?泣いていますか?

あなたはどんな顔をして寝ていますか?

あなたは何を成し遂げたと言われていますか?

あなたはどのような人格だったと慕われていますか?

どうでしょうか?

イメージできますか?

良いイメージをしてください。
そして、良いイメージをしたときに
あなたは何をやってきた人ですか?

それがあなたの本当にやりたいことです。

私は、死ぬ間際に
「俺はやったんだ、何もやり残すことはない」
と言えるようになりたいです。

他人を応援できるのは、
まず、自分を応援できることから始まります。

もし、人に振り回されている、
人のイメージする自分なっていると感じることが
少しでもあれば、
自分中心に物事を考えてみませんか?
私もそうしていきます。

そして
まだまだやりたいことがいっぱいあって、
私は現世に未練タラタラです。
心の修行はまだまだ続きます。

今日もお読み頂き有難うございます。
posted by 大和ジュンセイ at 01:48| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

生きるとは”ゆらぎ”と”活性化エネルギー”


先日、携帯のニュースを見たとき

「サラリーマンの心の病増える
大企業の社員の受診数、
11年度までの3年間で2割増。
景気低迷の影響か?」
と出ていました。

「景気低迷の影響」なのでしょうか?

アベノミクス効果で景気が上向けば
良くなるのでしょうか?

そんな単純ではないように思います。

最近はよく”心の病”について社会的に話題が出るので
人ごととは思えないです。

「そういえば最近、あの人みないな」と思っていたら、
「実は”心の病”で」という話は
会社でも結構あります。
残念なことですが・・・。


で、今日の話は何かと言うと

”ゆらぎ”です。

「なんのこっちゃ?」と思われたかもしれませんね。

実は
生きとし生きているもの全ては
”ゆらぎ”に支配されています。

”生きているもの”とは、
ヒト、動物、植物、虫、微生物、海、気候、地球、宇宙・・・
全てです。

でもこれらに支配されるのは、生きている間だけです。

死んだら、私たちの体に仕組まれた”ゆらぎ”はなくなります。

生命活動が完全に安定化されると
それは”死”を意味します。

あなたが日々、感じる
目覚め、眠気、暑さ、涼しさ、感情の起伏、達成感、脱力感、満腹、空腹・・・
全て”ゆらぎ”に起因しています。

つまり、あなたは”生きている”のです。
“ゆらぎ”は生きているものが感じることのできる”特権”です。

バイオリズムは
上がる時もあれば、下がる時もあります。
完全に一定になることはありません。
むしろこの”上下変動“が大きいほど
健康的で、活動的なのだと思います。

その証拠に鬱病の人は
健康な人に比べて一日の体温の変動が小さいですし、
睡眠も浅いです。
振れ幅が大きいほど、健康的なのです。

だから運動をして目一杯疲れて、横になるとグッスリ寝れるのです。

”人生のバイオリズム”も同じですね。
波の動きが大きいほど、成長します。

だから変化を起こすことに悩むことがあれば、
少し思い切って一歩を踏み出すべきです。
それが、あなたの波の振幅を変えます。

昔から「人生、山あれば谷ありとはよく言ったものです。」
それくらいの気構えでいれば、少々何が起こっても大丈夫です。


化学の反応には活性化エネルギーというのがあります。
これは、分子構造等が、ある反応をして違う状態に遷移するときに
使うエネルギーのことを言います。

人は分子レベルでは、常に、あらゆるところで
この活動を行っています。


人生も同じです。
外からの刺激や新たな環境から
活性化エネルギーを呼び起こし、新たな自分に遷移させる。

これが生きている醍醐味ですね。
私が思うに、


生きるとは”ゆらぎ”と”活性化エネルギー”です。
posted by 大和ジュンセイ at 23:40| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。